2017年3月10日金曜日

2016年度振り返り


 
 2016年度を3つの大きな項目に分けて振り返りたいと思います。

 「人数」と「聞く」と「感謝」です。

 まずは「人数」。昨年度、JAZZ QUESTはたった4人から本格的に活動を開始しましたわけですが、今年はスタッフも含めて8人も増えたので、まだ人数は足りないものの、BIG BANDの演奏ができるようになった年でした。人数が増えたことで、部に活気も生まれ、楽しく1年を過ごすことができました。また、2人のスタッフが入部しました。2人は、合宿時には宿の掃除を、また、演奏会では楽器運び、録音、撮影など、体を張って私たちが練習をしやすいように動いてくれました。演奏者だけでなく、スタッフも獲得することができ、充実した練習を送ることができた1年でした。

 次に、「聞く」です。今年度は、練習だけでなく、生の演奏を聴く、ということにも力を入れ始めた年でした。「うまくなるには聞くが7割で練習が3割」と聞いたことがありますが、まさにその通りで、聞いてイメージを持たなければ演奏ができないからです。個々で演奏会に行く、ということはしてきましたが、今年は部としてコンサートに出かけたのでした。エリックマリエンサルや、ICUの60周年コンサートに行きました。コンサートに行った後には、反省会を設け、みんなの気づきをシェアしました。これは2017年度も続けていきたいと思います。

 最後に感謝です。活動を開始してから、2年目の年でしたが、とにかく感謝することが多かった1年でした。演奏会に学校の先生が聞きに来てくださったり、昨年演奏させていただいたところから再び演奏依頼が来たり、スタッフが自分たちのために動いてくれたり、辻元先生がいつもそばで指導してくださったり、JAZZ HORNETSが助っ人で演奏してくれたり、とにかく感謝ばかりでしたし、この感謝の気持ちを持ち続けなければならない、とも強く感じています。私たちに関わってくださったすべての皆さんに感謝したいと思います。本当にありがとうございました。



 さて、2017年度には、山野BIG BANDコンテストの予選が待っています。新潟県から初出場となります。今年は、大会主催の山野楽器が125周年ということで、本選が国際フォーラムで行われます。私たちは、その国際フォーラムを目指して、また、もちろん皆さんを笑顔にすることも目指して、2017年度も頑張っていきたいと思います!

JAZZ QUESTは、「心を一つに、ではなく、心を寄せ合い」頑張っていきたいと思います!2017年度もよろしくお願いします!